交通事故によって身体に損傷を負った時、
接骨院で治療を受ける事は何ら問題はありません。
通常、相手側の自賠責保険の適用により、
患者(被害者)負担は無しで治療を受けることが出来ます。
(自分の健康保険を適用(※1)することも可能ですので、どちらを使っていくか選択(※2)しなければなりません。)

治療を施すにあたって、交通事故では医師の診断が必要となりますので
必ず病院で診断を受けて下さい。
事故後数日経ってから痛みを感じる事もありますので、その場合は保険会社へ確認をしましょう。
(事故との関連性があれば問題はないでしょう。)
自賠責保険ではケガに対して1人120万円を限度に支払われる事になっています。この限度額には治療費・慰謝料・休業保障・交通費が含まれていますが、入院、手術等の重度の場合を除き、接骨院で十分時間をかけて治療を受ける事が出来ると思います。
(保険会社の担当者によって早期に終了させようと話を進めてくる方もいますので注意しましょう。相談の上、返事をするようにしましょう。)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※1 健康保険を適用
健康保険を使う場合、自分の保険組合に「第三者行為に伴う傷病」という手続き申請をしなければなりません。
※2 どちらを使っていくか選択
交通事故では自賠責保険の他、健康保険でも治療を受けることが出来ます。(業務中は労災保険の適用)治療途中で切り替える事も出来ます。
 
HOME ページTOP

【1】 ご相談及び受付 
1: TEL又は受付にて「交通事故での治療を受けたい。」とご相談下さい。
事故による負傷は医師の診断が必要となりますので、医師の診療があったか確認させていただきます。(まだ病院へ行ってなければ、その指示を出します。
2: 次に担当する保険会社へ「接骨院での治療を受たい」 と伝えて下さい。保険会社より治療依頼の連絡が接骨院に入り、治療開始となります。
【2】 治療開始 
1:問診 事故発生時の状況や医師からの診断内容及び現在の患部の状態を確認します。
2:触診 患部の状態を触って確認します。痛みの度合い、腫れの具合、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなど、検査やテストを行って調べます。
3:治療 症状に合わせて手技(マッサージ等)、固定(副木・包帯等)、物理療法(電気療法・冷温法・テーピング等)を施します。
4:日常
生活指導
絶対安静の指示や日常生活動作における注意事項の他、家で出来る運動療法などについて指導を行います。
★治療費について:自賠責保険の適用では患者負担は一切ありません。★

【3】 完治・終了 
症状の消失に伴い、治療を終了します。保険会社へ「治療終了」を報告し、その他の費用を計算してもらいます。明細の入った示談内容書に目を通して、納得がいけばサインをしてすべてが終了します。
(内容は必ず身内等 に確認してもらい、すぐにはサインをしないようにしましょう。弁護士等の専門家が見ると金額内容には大分差が出るようです。一般的には分からない事が多く、そのまま納得してサインをしてしまう事が多い様です。)
 
HOME ページTOP
 
Copyright(C)新横浜整骨院.All Rights Reserved.