• 交通事故治療について
  • 交通事故治療について
  • 交通事故治療について

交通事故治療について

◆交通事故治療の正しいかかり方

交通事故によって体に不調を伴った場合、まず整形外科での診察を受けるようにしましょう。

数日後、新たに痛みを感じる事があります。事故との関連性があれば、必ず医師の診断を仰ぎましょう。

後日、通常診療時に診断書を発行してもらうようにしましょう。
※窓口の支払いについては、通常相手側保険会社からの支払いとなりますが、連絡がつかない場合は窓口負担を患者さまが支払う事になります。
(後日精算されます)

最初に整形外科を受診した後の治療を、そのまま整形外科での投薬管理・物理療法とするか?接骨院での手技療法・物理療法とするか?鍼灸院での刺鍼療法とするか?資格によって治療/施術方法が違います。

また同じ資格でも院によって治療方針が違ってきますので、自分に合う施術・院を上手に選択して、相手側に連絡を取りましょう。

例えば、接骨院や鍼灸院での治療を選択したとしても、定期的にドクターによる診察をおススメしています。

治療が上手くいって後遺症が残らず全快すれば問題はないですが、一定期間が経過しても症状が残ってしまった場合、その後の後遺障害認定を受けるための書類は、整形外科医が記入した書面で審査されることになるので、経過を診ていなければドクターとしても書類が書けないということになります。
(週一、月2ペースがお勧めです)

事故前の状態、日常生活動作に支障がない状態まで回復したところまでが治療期間の目安になります。

保険会社によって、また担当者によって「治療の打ち切りを宣告するケース」「症状固定を迫るケース」があるようですが、回復が見込める場合には継続して治療を受ける権利が患者さまにはありますので、しっかり交渉をしましょう。

一定期間を過ぎても症状が変わらず、回復の見込みが望めないとドクターが判断した場合、やむなく「症状固定」となります。望まれない結果ではありますが、この時点で治療は終了となります。

事故が起きると被害者は、加害者の代理人となる保険会社と話を進めていく事になります。事故知識の少ない被害者には不利な条件で話を進められてしまう事も少なくありません。

交渉を行うのは、あくまでも(被害者)患者さま自身です。事故に関する正しい知識を知る必要があり、被害者としての権利をしっかり行使して気持ちよく示談することが出来るよう願っています。

交渉が上手くいかない場合、痛み以上にストレスを抱える事になります。そんな時は交通事故の専門家を代理人として交渉を進めてもらうことをおススメします。法律事務所(弁護士)のご紹介が出来ますので、ご相談ください。

交通事故によって体に不調を伴った場合、まず整形外科での診察を受けるようにしましょう。

数日後、新たに痛みを感じる事があります。事故との関連性があれば、必ず医師の診断を仰ぎましょう。

後日、通常診療時に診断書を発行してもらうようにしましょう。
※窓口の支払いについては、通常相手側保険会社からの支払いとなりますが、連絡がつかない場合は窓口負担を患者さまが支払う事になります。(後日精算されます)

最初に整形外科を受診した後の治療を、そのまま整形外科での投薬管理・物理療法とするか?接骨院での手技療法・物理療法とするか?鍼灸院での刺鍼療法とするか?資格によって治療/施術方法が違います。

また同じ資格でも院によって治療方針が違ってきますので、自分に合う施術・院を上手に選択して、相手側に連絡を取りましょう。

例えば、接骨院や鍼灸院での治療を選択したとしても、定期的にドクターによる診察をおススメしています。

治療が上手くいって後遺症が残らず全快すれば問題はないですが、一定期間が経過しても症状が残ってしまった場合、その後の後遺障害認定を受けるための書類は、整形外科医が記入した書面で審査されることになるので、経過を診ていなければドクターとしても書類が書けないということになります。
(週一、月2ペースがお勧めです)

事故前の状態、日常生活動作に支障がない状態まで回復したところまでが治療期間の目安になります。

保険会社によって、また担当者によって「治療の打ち切りを宣告するケース」「症状固定を迫るケース」があるようですが、回復が見込める場合には継続して治療を受ける権利が患者さまにはありますので、しっかり交渉をしましょう。

一定期間を過ぎても症状が変わらず、回復の見込みが望めないとドクターが判断した場合、やむなく「症状固定」となります。望まれない結果ではありますが、この時点で治療は終了となります。

事故が起きると被害者は、加害者の代理人となる保険会社と話を進めていく事になります。事故知識の少ない被害者には不利な条件で話を進められてしまう事も少なくありません。

交渉を行うのは、あくまでも(被害者)患者さま自身です。事故に関する正しい知識を知る必要があり、被害者としての権利をしっかり行使して気持ちよく示談することが出来るよう願っています。

交渉が上手くいかない場合、痛み以上にストレスを抱える事になります。そんな時は交通事故の専門家を代理人として交渉を進めてもらうことをおススメします。法律事務所(弁護士)のご紹介が出来ますので、ご相談ください。

◆交通事故治療の正しいかかり方

交通事故によって体に不調を伴った場合、まず整形外科での診察を受けるようにしましょう。

数日後、新たに痛みを感じる事があります。事故との関連性があれば、必ず医師の診断を仰ぎましょう。

後日、通常診療時に診断書を発行してもらうようにしましょう。
※窓口の支払いについては、通常相手側保険会社からの支払いとなりますが、連絡がつかない場合は窓口負担を患者さまが支払う事になります。(後日精算されます)

最初に整形外科を受診した後の治療を、そのまま整形外科での投薬管理・物理療法とするか?接骨院での手技療法・物理療法とするか?鍼灸院での刺鍼療法とするか?資格によって治療/施術方法が違います。

また同じ資格でも院によって治療方針が違ってきますので、自分に合う施術・院を上手に選択して、相手側に連絡を取りましょう。

例えば、接骨院や鍼灸院での治療を選択したとしても、定期的にドクターによる診察をおススメしています。

治療が上手くいって後遺症が残らず全快すれば問題はないですが、一定期間が経過しても症状が残ってしまった場合、その後の後遺障害認定を受けるための書類は、整形外科医が記入した書面で審査されることになるので、経過を診ていなければドクターとしても書類が書けないということになります。
(週一、月2ペースがお勧めです)

事故前の状態、日常生活動作に支障がない状態まで回復したところまでが治療期間の目安になります。

保険会社によって、また担当者によって「治療の打ち切りを宣告するケース」「症状固定を迫るケース」があるようですが、回復が見込める場合には継続して治療を受ける権利が患者さまにはありますので、しっかり交渉をしましょう。

一定期間を過ぎても症状が変わらず、回復の見込みが望めないとドクターが判断した場合、やむなく「症状固定」となります。望まれない結果ではありますが、この時点で治療は終了となります。

事故が起きると被害者は、加害者の代理人となる保険会社と話を進めていく事になります。事故知識の少ない被害者には不利な条件で話を進められてしまう事も少なくありません。

交渉を行うのは、あくまでも(被害者)患者さま自身です。事故に関する正しい知識を知る必要があり、被害者としての権利をしっかり行使して気持ちよく示談することが出来るよう願っています。

交渉が上手くいかない場合、痛み以上にストレスを抱える事になります。そんな時は交通事故の専門家を代理人として交渉を進めてもらうことをおススメします。法律事務所(弁護士)のご紹介が出来ますので、ご相談ください。

◆交通事故治療の正しいかかり方

◆交通事故治療の正しいかかり方

◆交通事故治療の正しいかかり方

各詳細は下記に記載しております。
ご参照ください。

交通事故によって体に不調を伴った場合、まず整形外科での診察を受けるようにしましょう。

数日後、新たに痛みを感じる事があります。事故との関連性があれば、必ず医師の診断を仰ぎましょう。

後日、通常診療時に診断書を発行してもらうようにしましょう。※窓口の支払いについては、通常相手側保険会社からの支払いとなりますが、連絡がつかない場合は窓口負担を患者さまが支払う事になります。(後日精算されます)

最初に整形外科を受診した後の治療を、そのまま整形外科での投薬管理・物理療法とするか?接骨院での手技療法・物理療法とするか?鍼灸院での刺鍼療法とするか?資格によって治療/施術方法が違います。

また同じ資格でも院によって治療方針が違ってきますので、自分に合う施術・院を上手に選択して、相手側に連絡を取りましょう。

例えば、接骨院や鍼灸院での治療を選択したとしても、定期的にドクターによる診察をおススメしています。

治療が上手くいって後遺症が残らず全快すれば問題はないですが、一定期間が経過しても症状が残ってしまった場合、その後の後遺障害認定を受けるための書類は、整形外科医が記入した書面で審査されることになるので、経過を診ていなければドクターとしても書類が書けないということになります。(週一、月2ペースがお勧めです)

事故前の状態、日常生活動作に支障がない状態まで回復したところまでが治療期間の目安になります。

保険会社によって、また担当者によって「治療の打ち切りを宣告するケース」「症状固定を迫るケース」があるようですが、回復が見込める場合には継続して治療を受ける権利が患者さまにはありますので、しっかり交渉をしましょう。

一定期間を過ぎても症状が変わらず、回復の見込みが望めないとドクターが判断した場合、やむなく「症状固定」となります。望まれない結果ではありますが、この時点で治療は終了となります。

事故が起きると被害者は、加害者の代理人となる保険会社と話を進めていく事になります。事故知識の少ない被害者には不利な条件で話を進められてしまう事も少なくありません。

交渉を行うのは、あくまでも(被害者)患者さま自身です。事故に関する正しい知識を知る必要があり、被害者としての権利をしっかり行使して気持ちよく示談することが出来るよう願っています。

交渉が上手くいかない場合、痛み以上にストレスを抱える事になります。そんな時は交通事故の専門家を代理人として交渉を進めてもらうことをおススメします。法律事務所(弁護士)のご紹介が出来ますので、ご相談ください。